高浜市・子育て支援ネットワーク

高浜市の子育て支援ネットワーク。各種助成、保育園、幼稚園、支援センター、各種団体、病院、公園などの情報。

Home 相談先の一覧 問い合せフォーム 運営組織概要 サイトマップ












妊娠されたら
母子健康手帳交付

乳幼児の健康
赤ちゃんの発熱
赤ちゃんの便秘

子どもの下痢

嘔吐

薬の飲ませ方

応急手当の仕方

危険がいっぱい

子どもの誤飲


赤ちゃんを預けたい

保健福祉グループ
どんな健診があるの?
育児に関する相談
育児に関する教室
乳幼児健診等予定表
健康診査費の助成
一般不妊治療費助成

あんちょこ

◆子どもが薬を飲んでくれない!

「薬を飲ませようとしても吐き出してしまうのです。」「”食後”と書いてあったので先にミルクをのませたら寝てしまって・・・」。
子どもの薬嫌い、内服させるための苦労話、みなさんもありませんか。せっかく薬をもらっても、飲めなくては意味がありません。
いくつか紹介しますので、参考にしてください。

◆シロップ剤(水薬)の場合
  • 水薬は軽く振って中身を均一にしてから、1回分を量ります。
  • 月齢の低い赤ちゃんは、哺乳びんの乳首をはずしてくわえさせ、そこに薬を入れるとスムーズに。
  • スポイトに吸い上げ、子どもを上向き斜めに抱いて、奥歯のあたりに少しずつ流し込みます。
  • スプーンでできるだけ舌の半分から奥の方へ入れてあげ、水やジュースを飲ませます。甘味が気になる場合は、飲める程度の水で薄めてあげましょう。
◆粉薬の場合
  • 粉薬を小皿にあけ、少量の水を加え、よく混ぜてペースト状にします。
    よく洗った指先につけ、口の中の上あごか頬の内側に塗りつけ、すぐに水かミルクかジュースを飲ませます。
  • 何かに溶かしてみましょう。
    水、ジュース、乳酸菌飲料などがよいようです。アイスクリーム、ゼリー、プリン、ヨーグルト、ジャム、練乳やカステラなどに混ぜてもよいでしょう。
    ただし、ミルクに混ぜるのはやめた方がよいようです。ミルクの味がかわってミルク嫌いになる子もいるようです。またジュースに混ぜた場合、苦味が強くなる場合もあります。薬剤師に相談するといいですね。
    また、ジュースに混ぜた場合、長時間そのまま置くのはやめましょう。2〜3時間で変化する薬もあるようです。
    混ぜるものによっては多少効果が落ちることもありますが、全く服用できないことを思えばよいのではないでしょうか。
※子どもに飲ませる時間は、食前、食後にあまりこだわらず、飲みやすい時に与えましょう。
   一日の分量は、4回でも5回でも分けて一日のうちに飲ませましょう。

◆座薬(解熱剤など)
  • 体重に合わせ、2/3、1/2などと薬の量を指示されてときは、包装フィルムごとカッターなどで切り、先のとがったほうからフィルムをはがします。
    手早くとがったほうから薬を肛門に押しこんだら、1〜2分指で押さえます。

 

高浜市  子育て支援ネットワーク