高浜市・子育て支援ネットワーク

高浜市の子育て支援ネットワーク。各種助成、保育園、幼稚園、支援センター、各種団体、病院、公園などの情報。

Home 相談先の一覧 問い合せフォーム 運営組織概要 サイトマップ












妊娠されたら
母子健康手帳交付

乳幼児の健康
赤ちゃんの発熱
赤ちゃんの便秘

子どもの下痢

嘔吐

薬の飲ませ方

応急手当の仕方

危険がいっぱい

子どもの誤飲


赤ちゃんを預けたい

保健福祉グループ
どんな健診があるの?
育児に関する相談
育児に関する教室
乳幼児健診等予定表
健康診査費の助成
一般不妊治療費助成

あんちょこ

◆熱性けいれん

38度以上の発熱に伴って、突然白目をむいて手足を突っ張り、全身ががくがくふるえて、意識がなくなります。
いきをとめて、くちびるが紫色になります。けいれんは通常、5分以内には止まります。あわてずにけいれんの持続時間と様子を観察してください。

 顔・体を横向きに寝かせる。
 衣服の首周りをゆるめます。
× 子どもの口に、タオルや指をかませる。→ けいれんで舌をかんだり、窒息することはありません。
× 大声で呼んだり、ゆすったりする。

 ▼受信のめやす → 至急、救急病院へ
  • けいれんが10分以上続く
  • けいれんが繰り返し起こる 
  • けいれんが治まっても、意識が戻らない、顔色が悪い、呼吸がおかしい

◆誤飲・窒息

 ▼のどに詰まったときの処置
  • 口の奥につかえているような時
    子どもの両ほほを指ではさんで口を大きく開かせた後、人差し指をほほに沿って口の中に入れ、飲んだものをかき出します。
    吐かせるせるときは、ひとさし指を口の奥に入れ、舌のつけ根をぐっと押し下げるようにして吐かせます。
◆気管に詰まったおそれのある時

◆圧迫法を試みても、異物が取り出せないときは、救急車を呼びましょう。


◆頭を打ったとき
  • こぶができた時は安静にして、冷たいタオルで冷やしましょう。
  • 傷があるときは、傷の手当をしましょう。
  • 2〜3日間は、元気でも、子どもの様子に気をつけていましょう。
    顔色が悪い・歩き方がおかしいなど、いつもとちがう様子があれば、受診しましょう。
 ▼受診のめやす → 夜間や休日でも救急病院へ
  • 何回も吐き、元気がない
  • 打った部分がへこんでいる
  • 大きなたんこぶができた

◆やけど
  • 十分に冷やしましょう。
    流水(水道水)やシャワーで、20分程度冷やします。顔や体など流水で冷やしにくい時は、濡らしたタオルで冷やします。
    ※市販されている冷却シートはつかいません。
  • 服を着ている場合は、脱がさずそのまま服の上から冷やします。
 ▼受診のめやす → 夜間や休日でも救急病院へ
  • やけどの範囲が子どもの手のひらより広い
  • 水ぶくれができている
  • やけどのところが、白色、あるいは黒くなっている
  • 顔のやけど、手のひら、関節のやけど
  • やけどの程度を判断することは極めて難しいので、判断がつかない場合は病院を受診しましょう

◆鼻血
  • 鼻血を飲まないように下を向かせましょう。
  • 鼻の中にティッシュなどを入れずに、小鼻(いちばんふくらんだところ)を深くつまみ、圧迫止血します。
  • 鼻呼吸ができない状態で、約15分持続的に圧迫します。


◆すり傷・切り傷

「けがをしたら、傷口を消毒をしないとばい菌が入る。」「傷は早く乾かして、かさぶたをつくって治す。」という常識がだんだん変わりつつあります。最近では、傷口からの滲出液(細胞を再生させ傷を治す)の働きを最大限に活用する湿潤治療(モイストヒーリング)が普及してきました。
  • 傷口を水道水で洗い、異物(泥やごみ)を取り除く。
  • タオルなどで軽く拭く程度で、消毒はしません。
  • 傷口を乾かさない。湿潤治療用絆創膏を使います。
 ▼受診のめやす → できるだけ早く受診してください
  • 出血が止まらないような傷
  • 傷が深く脂肪が見えるような傷
  • ガラスの破片など異物を取り除くことができないような傷
  • 動物や人にかまれた傷
  • 顔の傷であとが残る心配のある傷
  • 数日して傷が腫れて痛くなってきたとき
★まだ全ての病院で湿潤治療(モイストヒーリング)をとりいれているとは限りません。かかりつけ医に相談してください。

 

高浜市  子育て支援ネットワーク