高浜市・子育て支援ネットワーク

高浜市の子育て支援ネットワーク。各種助成、保育園、幼稚園、支援センター、各種団体、病院、公園などの情報。

Home 相談先の一覧 問い合せフォーム 運営組織概要 サイトマップ












妊娠されたら
母子健康手帳交付

乳幼児の健康
赤ちゃんの発熱
赤ちゃんの便秘

子どもの下痢

嘔吐

薬の飲ませ方

応急手当の仕方

危険がいっぱい

子どもの誤飲


赤ちゃんを預けたい

保健福祉グループ
どんな健診があるの?
育児に関する相談
育児に関する教室
乳幼児健診等予定表
健康診査費の助成
一般不妊治療費助成

あんちょこ

子どもが誤って何かを飲み込んだときには、水や牛乳を飲ませ、吐かせるのが原則ですが、例外もあるので注意しましょう。
わからないときは119番してください。

●誤飲の際の対応ポイント

品名応急処置
タバコ 何も飲ませない のどの奥を刺激して、すぐに吐かせる。 吐かせる
大部分の医薬品等 水や牛乳を飲ませる のどの奥を刺激して、すぐに吐かせる。 吐かせる
パラジクロル・ベンゼン、ナフタリン・防虫剤等 水を飲ませる 防虫剤等は油に溶けやすく、毒物の吸収を早めるので牛乳は飲ませない。 吐かせる
除光液、灯油、ガソリン、ベンジン等の揮発性物質 何も飲ませない 吐いたものが気管に入り、肺炎等を起こすので吐かせない。 吐かせない
至急病院へ
トイレ用洗剤、漂白剤等の強酸、強アルカリ 牛乳、卵白を飲ませる 無理に吐かせると食道等の粘膜を傷めるので吐かせない。 吐かせない
至急病院へ
金属、ボタン電池 何も飲ませない 医師に相談し、便の中に出てくるのを待つ。電池は胃の中で溶けることがあるのですぐ医師に相談する。 吐かせない
病院へ

●チェックポイント
  1. 何を飲んだか
  2. いつ飲んだか
  3. どれだけの量を飲んだか
  4. 顔色が悪い等いつもと違うところはないか
  5. けいれんを起こしていないか
  6. 意識ははっきりしているか
  7. 誤飲したものの容器、袋、説明書等持っていく
●中毒110番

子どもが毒物(薬、化学薬品、有害植物等)を飲んだ場合は、毒物の種類によって応急手当の方法が違います。
わからないときは119番、かかりつけの医師または、中毒110番へお問い合わせください。

中毒110番 つくば中毒110番(無料)029−852−9999受付時間:9時〜21時
大阪中毒110番(無料)072−727−249924時間年中無休
タバコ専用電話(無料)072−726−992224時間テープによる情報提供

 

高浜市  子育て支援ネットワーク